第29回大麻旗争奪剣道大会 小学生大会

大会日時:2007年 08月 26日(日曜日) 会場:佐賀県総合体育館[佐賀県佐賀市]

団体戦 – 小学生の部:優勝 洗心道場

先鋒:那須田 次鋒:野依 中堅:山本 副将:加賀 大将:久田松

決勝トーナメント
2回戦 洗心道場 5 – 0 大町少剣ク(佐賀)
3回戦 洗心道場 4 – 0 久原剣道(佐賀)
4回戦 洗心道場 4 – 0 厳武堂(佐賀)
5回戦 洗心道場 4 – 1 臥龍徳心館A(佐賀)
準々決勝戦 洗心道場 4 – 1 小島道場(福岡)
準決勝戦 洗心道場 3 – 0 西武館(福岡)
決勝戦 洗心道場 3 – 1 春日聖剣会(福岡)

第29回大麻旗争奪剣道大会・小学生大会

団体戦 – 小学生の部:ベスト8 東院剣友会

先鋒:奥村(崇) 次鋒:川原 中堅:武田 副将:三宅 大将:奥村(太)

洗心道場2連覇 正確な打突で圧倒【小学生の部】

第29回大麻旗争奪剣道大会・小学生大会 衝撃的な「初出場、初V」から1年。東海からやって来た洗心道場(愛知)が「優勝街道」を駆け抜け、2連覇を達成した。基本に忠実な剣さばきと、大会関係者が「高段者のようだ」と評す高度な技。自信を持って繰り出す打突は、ワンランク上の強さと巧みさがあった。

 春日聖剣会(福岡)との決勝。先鋒(せんぽう)戦を落としたものの、次鋒・野依聖大は「僕が取り返せばいい」。準決勝までの6試合で全勝。そのうち3度は2本勝ちを収めていた野依は慌てることなく、試合場に立った。

 開始12秒だった。春日聖剣会・藤野を追い込み、鮮やかにコテで1本を奪った。そして59秒。相手の出ばなにメンを決め、2本勝ちした。「中堅から後ろには自信を持っているので、序盤を五分で乗り切れたことは大きかった」と内田信之監督。6年生主体のチームでただ一人、レギュラーの5年生をたたえた。

 名古屋市の寺院内にある道場で週3回の練習。基本的に試合形式の練習は行わず1時間半、打ち込みなど基礎練習を繰り返す。内田監督は「求めるのは、剣先の中心から割って入る剣道本来の攻め。それをやって負けるんだったらしょうがない」。この日7試合で、取得本数は52本(70本中)。小手先の技術に走らず、基本の徹底が確実性の高い打突を支えている。

 「先輩たちに続けて良かった。優勝旗を守り続けたい」と主将の久田松雄一郎。当分の間、王座に君臨し続ける可能性は十分にある。

2007年8月27日 佐賀新聞の記事より抜粋

関連記事

  1. 第4回秋田杯少年剣道大会
  2. スポーティブ・ライフ月間 剣道大会

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

愛知洗心道場

洗心道場は名古屋市中区の東別院内にある剣道道場です。
当道場では、道場訓として「躾(しつけ)・体力・技」をモットーに、心身の鍛練と礼儀を正し、健全な青少年の育成をしています。
初心者・経験者は問いません。あなたもたのしい道場で剣道を習ってみませんか!
もちろん社会人・一般の方の入門も歓迎いたします。入門は随時受付いたします。
≫詳しくはコチラ

youtube facebook

アクセスカウンター

  • 3858028アクセス総数:
  • 97今日のアクセス数:
  • 1007昨日のアクセス数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2006年4月1日カウント開始日:

Sponsor

全国選抜少年剣道練成大会

第55回全国選抜少年剣道練成大会
第55回全国選抜少年剣道練成大会で洗心道場が最優秀賞を獲得し二連覇を達成いたしました!!

アーカイブ

november, 2017

Sort Options

mon

tue

wed

thu

fri

sat

sun

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

No Events

お東ネット

愛知県剣道道場連盟